ワンピース(ONE PIECE)の動画満載。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第451話 “ペローナの不思議の庭”


【本編】

≪屋敷内 将軍ゾンビの部屋≫

アブサロム「敷地内をどこまで逃げようとも
        追いつめて引き立てろ
        貴様ら将軍ゾンビに敵などはない
        ガルルルル

ガチャン ガチャン ガチャン
将軍ゾンビ達が出陣…

キャプテン・ジョン「ウッ~プ」

アブサロム「ん …オイ ぐずぐずするな
        キャプテン・ジョン
        天下にあまねし生前の悪名が泣くぞ

キャプテン・ジョン「アイアイ………
            行くよォ フヘへ

アブサロム「……… ったくしょうがねェ奴だ」

ズズ… ズズ…

ローラ「アブ様

アブサロム(ぞくっ) 

ローラ「結婚して――っ

アブサロム「ギャ~~ローラ 
         てめェ さっさと戦いに出ろ
         おいらは指揮官だぞ

ローラ「じゃ 結婚して

アブサロム「何でだ ふざけるな 
         おいらは人間だ
         人間の女を嫁に貰うんだ
         よく考えろローラ
         お前はイボイノシシのメスで 
         しかもゾンビだぞ
         死んでるし腐ってる

ローラ「あ

アブサロム「え

アブサロムはローラが指差すと釣られて見てしまう。

さっ さっ… ペタペタ

ローラはアブロサムがよそ見してる間に
婚姻届をテーブルに置きアブロサムの指に朱肉を塗る。

ローラ「セイヤ

ドンッ

アブサロムの手を無理やり持って
婚姻届に押印させようとするローラ。

ばっ 

アブサロム「ウオー よせ

アブサロム「お …お
        おっそろしいマネしやがる
        何勝手に婚姻届に
        押印させようとしてんだ

ローラ「ああ… そのワイルドな口元がたまんない 
       指よこせやアブサロム
       好き ウフッ

アブサロム「ウオ 死んだ動物に
        一生取り憑かれる気はねェっ

ローラ「花嫁武術 誓いのkiss
      チュバ チュババ

アブサロム「うわ とァ ハッ
         待て ローラよく聞けてめェ
         おいらはな… もうすでに
         おいらの花嫁となる女を決めてあるんだ
         気が強そうだがどこか品のある
         か弱い人間の生身の女

ローラ「フフン またどうせダメになるわ」

アブサロム「ばかめ見ろ」 ナミの手配書を見せる。

アブサロム「この島に入った海賊の一人… 
        美しくおいらの花嫁にふさわしい 
        貴様の呪縛もここまでだ…」

ローラ「そうはいかないわ
      その女 消してやるわい

ドウッ
勢い良く出陣するローラ…

アブサロム「やめろ
        待ちやがれ ローラァア」

必死で追いかけるアブサロム。


≪ペローナの部屋≫

ペローナ「おいクマシー

クマシー「おっ………… ………………」

ペローナ「リスキー兄弟がここへ棺を担いで来る
       おめーが受け取って
       ご主人様のダンスホールへ届けろ
       いいな」

ペローナ「わかったのか わからねェのか

クマシー(………………………)「…はい」

ペローナ「返事をすんな カワイくねーな
       私はこれから船の方で
       お宝回収班の指揮をとってくるから
       何かあったら知らせに来い
       わかったか

 コクン コクン
クマシー(………………………)

うなずいて手を振るクマシー

ペローナ「フン… そうだ
       黙ってりゃカワイイんだ お前は

クマシー(…行ってらっしゃいませ………) ボソ…

ペローナ「てめー ボソッと喋ったろ今

クマシー「… おっ… おっ」


≪屋敷の裏手≫

リスキー兄弟「えっほ えっほ」
        「お届けお届け ご主人様へ
        「キャッ キャッ」

ずるっ つる―――ん

リスキー「わっ 危ねーっ

ガシャァン

こけて棺をひっくり返してしまうリスキー兄弟。

リスキー兄弟「いっけね やっちゃった
         「いっけね こけた
            ご主人様へのお届け物が

棺の中からチョッパーが出て来る。

チョッパー「う…

リスキー兄弟「棺が開いた
         「わっ 起きたぞ しまった
            急いで殴れ 殴り殺せ
         「殺しちゃマズイ
         「じゃ半殺し
         「半殺せっ

チョッパー「あれ ここは………」

リスキー兄弟「シャ―――ッ
ノコギリと斧で襲い掛かってくる。

チョッパー「うわ――― このォ

カァン

ヘビーポイントになって
リスキー兄弟をぶっ飛ばすチョッパー。

リスキー兄弟「ボハ―――
         ……… がふっ」 ピクピク…

チョッパー「あっ ウソップ ナミ
        おい しっかりしろよ
        目を覚ませ

ナミ「……………… ウッ…」

ウソップ「…… 痛てて… ん
       おれ達 確か… 侍に……
       ……アレは峰打ちだったのか……

ナミ「ここは……… 外……
     少し雨が降ったのね 地面がぬれてる」

チョッパー「わからねェけど
        今あのリス達に
        この箱で運ばれる途中だったんだ」

ウソップ「うお 棺桶じゃねェか 

リスキー兄弟「 しまった 3人共目覚めたぞ
         「 大変だ 仲間を呼ぼう

ぴゅう
あわてて仲間を呼びに行くリスキー兄弟。

ナミ「ここは… 屋敷の裏手みたいね
     ホグバックの研究所はあの最上階にあったから
     もう ずいぶん運ばれたみたい…」

チョッパー「………おい後ろ
        反対側にもっとゴツい建物があるぞ

ウソップ「 ありゃ何だ… 屋敷の裏側に…
       こんなにデケェ建物があったのか………

ウソップ「ナミ…

ナミ「…ここがどういう場所か分かった…  
    ……………… あの建物と屋敷をつなぐ渡り廊下よ」

ウソップ「渡り廊下 ……にしちゃあ広いな 
       まるで森だ
       ……いや森にしても変わってるが…」
       おれ達が気を失ってる間に
       ここへ運ばれたって事は…
       当然あっちの建物へ
       連れてかれるとこだったわけか」

ナミ「連れてかれて
     ゾンビにされるとこだったかも

チョッパー「ギャ~~~~~~~

チョッパー「気がついて運がよかった 逃げよう

ウソップ「そうだ すぐ逃げよう……
        しかしどこから」

ナミ「ちょっと待って… 採算が合わないわ…
     さんざん驚かされて
     大声だして逃げ回って…………
     これだけ怖い目にあわされて…  ただ

ウソップ・チョッパー「うお――っ

ウソップ「何言い出すんだ てめェ

チョッパー「うわー “何かがヤベーセンサー”に
        強い反応が
        何も言うな とにかく逃げよう ナミ」

ナミ「あの時ゾンビが言ったあのセリフ…」

 (財宝置き場はここじゃねェよ~~っ

ウソップ「 くだらねェこと考えるな
        逃げるんだ」

ナミ「バカね わかってるわよ
     私だって恐いんだから」目がベリーなナミ

ガーン
ウソップ・チョッパー「目がおかしいんだけどっ

ナミ「…じゃ どっちへ逃げる 前 後ろ

ウソップ「迷うとこだ… 屋敷へ引き返して
       またあのサムライに会うのもイヤだしなァ」

チョッパー「だけど 前に進めばもっと恐い奴がいそうだ」

ペッタン♪

チョッパー「ん

ペッタン♪ ポッタン♪ ペッタン♪

ウソップ「うわっ ……ん

ナミ「え… 何
     この愛らしい森の動物達… ペンギン

3匹のペンギンらしい動物が
腰を振って後ろ向きで踊っている。

ペンギン「番号~~

くるり 一匹ずつ振り返る。

ペンギン達「1」 ばん ペンギン
        「2」 ばん 口がなまずのようなペンギン
        「あ 3…」 ワン  顔はイヌのペンギン

3人「いやあ……… 

ナミ「う~ん………………」

ペンギン1「コンニチワ 僕ら」

ペンギン2「ペンギンゾンビコンビ
        あ 間違えた」 

ペンギン3「トリオ トリオだ おれ新入り」

チョッパー「知るか そんなメンバー状況

ペンギン1「そして君達の後ろにいるのが
        仲間の動物ゾンビ達

チョッパー「え

ビクッ
3人が振り返ると後ろに動物ゾンビがいっぱいいる。

動物ゾンビ達「ようこそ ペローナ様の
         “不思議の庭(ワンダーガーデン)”へ

3人「すっごい変なのが
     イヤって言う程いるー
     いやあああああ

動物ゾンビ達「それ ケチョン ケチョンにして
         絞り上げろ

ウソップ「うわああ~~っ

ナミ「きゃーっ

チョッパー「ギャ―――

チョッパー「やばい ウソップ 火 火

ウソップ「そうだ こいつらもゾンビだ

ギリリ…
ウソップがパチンコを構える。

ウソップ「“必殺”

ペンギンコンビ「どりゃあ

ドカン
ウソップはペンギンコンビの攻撃を受けて倒れる。

ウソップ「うわっ

チョッパー「ウソップ

ナミ「チョッパー危ない 後ろ

ドスゥン
チョッパーは巨大鉄球攻撃を受ける。

チョッパー「ぶはっ

ナミ「チョッパー ウソップ

動物ゾンビ「お前も半殺しだよォ」 

ナミ「あっ」

動物ゾンビが刀でナミを攻撃しようとする。

ペンギン3「やめろ」 

動物ゾンビ「ガパァッ

なせかペンギントリオの新入りが助けに入る。

動物ゾンビ達「おい新入り
         仲間に何してやがる
         敵はその女だ
         そっちをブッ飛ばせ

新入り「…このレディがどこの誰かは知らねェが…
      たとえご主人様の命令に背いても…」

ナミ「………」

新入り「おれは死んでも 女は蹴らん

ナミ「…え

新入り「文句があるなら かかって来い……」

ウソップ「……………」 

新入り「クソゾンビ共

チョッパー「


≪屋敷の廊下≫

ルフィ 「お――い お――――い あれ
       おい“ブヒ”
       お前またなんかしやがったのか 吐け

ブヒチャック「おれは最初から
         何も知らねェって言ってんだろ ブヒヒ」

フランキー「……… 笑ってんじゃねェか
        白々しい奴だぜ…

ロビン「不思議ね… 声もなく…
      絞め殺されたのかしら…」

フランキー「お前の回路は何でそういつも
        不吉なんだ 

ルフィ「おっかしいなァ……
      ゾロまで消えたぞ


-451話- おわり


よろしければ応援クリックお願いします♪
↓↓↓
人気blogランキング
↓↓↓
ワンピースサーチ

次回はこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/21(土) 21:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tyobihige0702.blog72.fc2.com/tb.php/33-a72c07af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。