ワンピース(ONE PIECE)の動画満載。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第447話 “びっくりゾンビ”


【本編】

≪スリラーバーク 入口付近≫

ケルべロス「グルルル… ウゥ…」  
 
フランキー「何だやる気になったぞ」

ケルベロス「ガルルル…」

ゾロ「じゃ おれが」

ルフィ「いや待てよ 手懐けてみよう」

ゾロ「バカ 犬っつってもお前…
     犬の元締めみてェな奴だぞ

ルフィ「犬は犬だ よ――し よしよし お手」

ケルベロス「 ワンワン コォン

ガブ ガブ ガブリ

ルフィにかぶりつくケルベロス。

ブランキー「言われたそばから… 

ルフィ「よしよし いい子だ ポンポン…」 

ルフィは頭をくわえられたままケルベロスの頭を軽く叩く。

ルフィ「よ―し よしよし…
      そうだゆっくり離せ… いい子だな…」

ケルベロス「………………」

ルフィ「こんにゃろォ 

ドゴゴン 
ルフィがケルベロスを力いっぱい殴る。

ケルベロス「グギャウッ

ドサッ… ぐったり…

ルフィ「ふせ」

ゾロ・サンジ「イヤイヤ… 

ロビン「それにしてもひどい傷ね
      生きてるのが不思議だわ」

サンジ「その前に 一匹キツネが混ざってる時点で
      すでに生物としてどうかと思うがな

ルフィ達は森へ入っていく。
ケルベロスを手懐けて、ルフィとフランキーは背中に乗っている。

ルフィ 「入ってすぐこんなオモロいの出てくんだから
       この島楽しみだなー

フランキー「堀を出て この先森か…」

サンジ「ナミさ―ん お――い
      ナミさんどこだ~

ロビン「元気がないわね ケルベロスさん」

ゾロ「まぁ… 敗者に妙な同情はしねェこった
     プライドに触る」

ルフィ「……… ん?」

人面の木「はっ」

ば――――ん 

人面の木とユニコーンが座って酒を飲んでいる。

ルフィ「おっさんの木と…
      ユニコーンが一盃やってる

ぎゃあァァァァァァ

ルフィ「捕まえた――
 
フランキー「こっちもだ こりゃ珍しいな

ルフィは人面の木を、フランキーはユニコーンの捕まえている。

人面の木「ウオオ― 見逃してくれ―

ルフィ「お前ら おれと一緒に海賊やら

ゾロ・サンジ「フザけんなァ


≪ドクトル・ホグバックの屋敷≫

透明人間「…ふう 危なかった…」

ホグバック「おい アブサロム いるんだろう 
        今の騒ぎは何だ
        また風呂場にいたのか貴様

アブサロム「ガルル… ホグバック… 花嫁探した 
         あの女 気に入ったぜ
         おいらのものにするぞ

ホグバック「あれでも一応賞金首 お前には渡さん」

幽霊「今回は6人も賞金首がいるんだ 
     内1人は1億超え 船長は3億だ

アブサロム「3億… 軽く言うがペローナ 
         政府が3億懸けるってのは
         並の海賊じゃないぜ?」

ホグバック「それがわかってるなら
        獲物の捕獲に全力を注げ…
        アブサロム
        今夜は大仕事になりそうだ……


≪屋敷内 2階廊下≫

ウソップ「透明人間なんて いるわけねェよ」  

ナミ「いたんだもん 確かに 
     私が体を抑えられてたの あんた見たでしょ

ウソップ「 …………
       ……… …イヤ見てねェ

ナミ「見たわよ

ウソップ「それは誘導尋問だ
       お前はおれに裸を見たと言わせて
       金を請求する気だ」

ナミ「どこまで亡者だ私は 請求はするけど」

ウソップ「とにかくおれは
       この島で見たものは一つも信じねェ
       透明人間は“気のせい”ゴーストは”変な鳥”
       ゾンビはああいう種族… “地底人” だ

ナミ「何それ」

ウソップ「確かにおれ達は一度死んで
       “悪魔の実”で蘇ったガイコツに会ったが
       あれは特例中の特例… 
       この世に同じ能力は2つ存在しねェし 
       死者が蘇るなんて事 絶対にあり得ねェ
       そうだろ
       ああいう生物がいると考える方がまだ自然だ

チョッパー「そりゃあ 医学から考えても…
        全部あり得ない事で
        おれもその方が自然だと思う 
        でも Dr.ホグバックが栄光の人生を投げうって
        研究する程の事だから… もしかして
        それ程の奇跡がこの島で起きてるのかも知れねェし」

ナミ「あんた あの男信用しすぎじゃない

チョッパー「Dr.ホグバックは本当に偉大な男なんだぞ
        おれは尊敬してるんだ
        失礼なのはお前だぞ
        何も証拠がねェのにDr.とゾンビが仲間だなんて

ナミは壁に掛かった海賊の肖像画を見ている。

ナミ「……………… …う~ん 確かに…
    勘でしかないんだけど…
    不気味なのよね 何もかも…」

ギロッ… 3人が通った後、肖像画の中の海賊の目が動く。

海賊の肖像画「………


≪屋敷内の食卓≫
  
ウソップ「で… 何で真っ暗なんだ?」

ナミ「ここ さっきの部屋よね?」

チョッパー「ド… ドクトル~~~
        どこ行ったんだ~

ウソップ「シ… シンドリーちゃーん?」

ナミ「お風呂いただきました――…」

ヒルドン「お2人はもう
       お休みになられましたでし…

ヒルドンが天井にぶら下がっている。

ウソップ「ぎゃあ ヒルドン
       てめ―…
       さっきはよくも
       墓場に置き去りにしやがったな

ヒルドン「面目ないでし
       馬達と共に用を足しに行き
       目を離したスキに」

ナミ「ウソばっかり
     あんた達
     島中のどいつもこいつもグルなんでしょ

ヒルドン「そんな人聞きの悪い事を言わずに…
       こちらへどうぞ寝室へご案内致しまし…」

ウソップ「また性懲りもなく“ご案内”だと…

ナミ「そこが本当の冥界への入り口かしら?
    せっかくだけど私達
    今すぐお暇させていただくわ」

ヒルドン「………」

チョッパー「え― ちょっと待って
        もう少しDr.と話させてくれよ

女の声「オホホホ フラレたわね ヒルドン」

ウソ「ん?」

ヒルドン「放っといて欲しいでし
       ちゃんと部屋へお連れしまし」

壁の絵の女「もう いいんじゃない?
       このコ達色々と気づき始めてるわよ…
       ヘマやって逃げられる前に…」

チョッパー「何で… 絵が…」

グアアアアッ
壁の絵から飛び出してくる女。

壁の絵の女「帰さないわよ ボーヤ達ィィ」 

チョッパー「ギャアアアアアアア

ウソップ「うわァ
       チョッパー――――
       絵の中からゾンビ――

がしっ
チョッパーが絵から出て来た女に捕まる。

チョッパー「ギャアアァァァァ」

ナミ「チョッパー

チョッパーを捕まえたまま絵の中に戻る女。

チョッパー「助けて

壁に掛かったブタの顔「ブヒ ブヒヒヒ…」

カチャ カチャ ビュルル ザクッ

ブタの顔が剣を持ってウソップめがけて投げる。

ウソップ「うお

ブタの顔「この部屋のゾンビ部長は
       この『ブヒチャック』様だ
       この部屋から一歩たりとも
       出られると思うな ブヒ
 
ウソップ「壁掛け剥製が喋った

ヒルドン「………」

敷き皮の下から声が
「イテテ イテテテ

ナミ「何 床の敷き皮が…

熊の敷物「誰だ 背中に剣を刺すのは

熊の敷物が立ち上がる。

ナミ「わあっ

ウソップ「ぎゃあああああああ 
       ナミの言う通りだ この屋敷は…
       ソンビだらけだったんだァ

ウソップは燭台に飛び移る。

ナミ「………痛っ ハァ」

絵の中のゾンビ達「オイ 燭台に一人ぶら下がってるぞ
        「叩き落とせ敷きグマ] 
「落とせ

ウソップ「くらえ この敷き物グマ」 

ウソップが燭台のローソクを投げつける。

敷きグマ「ベア
      ろうそくだヤベー
      あちゃちゃ 腐れ熱ィ

絵の中のゾンビ「火だ コエ――
         消せー

ウソップ「おめェらの弱点はわかってんだ
       このこのこの
       全員くらいやがれ―――っ

絵の中のゾンビ「危ねェ 火事になるー
          火を消せー

ウソップ「チョッパー ナミ 扉へ
       屋敷を出るぞ

ナミ「うん

チョッパー「出るー もういいー

ウソップ「早く開けろ

チョッパー「こんなとこ もうたくさんだァ」

ガチャ ガチャガチャ

ナミ「?…??」

チョッパー「何してんだナミ?」

ガチャ ガチャ ガチャ ガチャ

ナミ 「それが…」

ガチャ ガチャ ガチャ ドン ドン

ウソップ「まさか…」

ナミ「開かない―――っ
     閉じこめられてる―――

敷きグマ「よくも…」

ウソップ「敷きグマが来たぞ―――

ドカァ…ン

ウソップ「伏せろ

敷きグマ「ぐわ~~~~っ

ウソップ「あ… 危ねェ とにかくこの部屋を出ろ
       別の部屋へ」

絵から出て来たゾンビ達「逃がさねェぞー
              待てェ

チョッパー「うわァ

3人は暖炉の中に入る。

チョッパー「うわァ ここ… 暖炉の中だよっ

ウソップ「ダメだ もう逃げ場が

ギギィ…… ギギギィ… どてっ…

暖炉の奥の壁が回転して隠し通路に出る3人。

ウソップ「ん? どこだここは

ゾンビ達「おい あいつら消えたぞ
       暖炉で消えた
       「しまった 隠し通路が開いたんだ
       「ホグバック様の研究所へ行かれていまうぞ
       「追え
       「だめだ 向こうから扉を押えてる

ブヒチャック「……ブヒヒ 慌てる事はねェ…
         屋敷中どこへ逃げても
         我らの仲間“びっくりゾンビ”が
         わんさかいるんだブヒ

3人はゾンビ達に追われている。

ドドドド…

3人「ああああ ああああ

ナミ「廊下はダメよ 絵のある場所はダメ
     どっか… あの部屋へ

バタン ドザザザァー… 

3人は部屋に飛び込み扉を閉める。

ウソップ「… ハァ ハァ ハァ… ハァ
       うわ また絵…
       ……………… ハァ… ハァ
       いや… …写真か よかった…
       ゾンビじゃねェな…」

ナミ「これ… あのコじゃない… 
    お皿が嫌いな… シンドリーちゃん……
    何? この部屋」

3人が入った部屋には
シンドリーの写真が一杯飾ってある。


-447話- おわり


よろしければ応援クリックお願いします♪
↓↓↓
人気blogランキング
↓↓↓
ワンピースサーチ

次回はこちら


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして。

私、株式会社トップスピードの又吉と申します。
是非、御サイト様と相互リンクさせて頂きたくメールさせて頂きました。

当社は「為替ナビ」という外国為替取引に関する情報サイトを運営しております。
御サイトを拝見致しましてとても情報が濃く、内容が充実しているサイトという印象を受けました。
そこで真に勝手では御座いますが、本日付で下記のページに掲載いたしましたので、ご確認下さい。

http://www.kawasenavi.com/links217.php

何か修正点・ご要望御座いましたらお気軽にお申し付け下さい。
当社では他の多くのサイトとも相互リンクをhttp://tokyo.marriage-navi.net/行っておりますが、
もし宜しければ相互リンクを行って頂けないでしょうか?
リンクにつきましては下記を参考にお願い致します。

サイト名:為替ナビ
URL:http://www.kawasenavi.com/
サイト紹介文:為替に関する情報専門サイト。為替相場に関わるニュース、独自の分析をリアルタイムで更新。

尚、http://www.kawasenavi.com/link.phpの方でもリンク方法を表示しております。

当社では個人投資家に役に立つサイトを目指しております。
ただ現在グーグル検索エンジン7位前後とまだまだこれからのサイトですが、お互いに
良いサイトになっていければと思っております。
掲載後、ご一報頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

返信の連絡は下記アドレスまで宜しくお願い致します。
matayosi@kawasenavi.com

株式会社 トップスピード
又吉 正之
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル7階
URL http://www.topspeed.co.jp
tel 03-5297-7977 fax 03-5297-7978
2007/04/02(月) 14:56 | URL | 為替ナビ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tyobihige0702.blog72.fc2.com/tb.php/29-67b22c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。