ワンピース(ONE PIECE)の動画満載。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第439話 ”3人目と7人目”

【本編】

ウォータセブンを出航し、ガープ中将の軍艦に追われている。
 
市民達「海賊達が出航まもなくやられちまうぞ――っ
      「頑張れー 町の英雄ー
      「おい 応援はマズイって」 

ザンバイ達「よかった――っ」 
        「無事に乗り込んだ様だぞ 鼻のにーちゃん」 
        「これで全員揃ったな
          後は軍艦から逃げるだけだ」
        「逃げろ― 麦わらさん達――
        「アニキ~~

海兵「見ろ どういう事だ
    「海賊船が帆をたたんでるぞ 観念したのか

ガープ「観念などするまいが… 何をする気じゃ…

麦わら一味「急げ 帆をたため
      「おい いいのかよフランキー

フランキー「バカ野郎 この船を信じろ

ルフィ「そうだ 信じろバカヤロー

ウソップ「コノヤロー バカヤロー

チョッパー「コンニャローめー

ルフィ・ウソップ・チョッパー「あっひゃっひゃっひゃっ」

三人で肩を組んで踊ってる。

ゾロ「手伝えお前ら

ナミ「ウソップあんたほんの数秒前まで ……まあいいけど
   「何 船の名前 こんな時に

フランキー「そうさ 名もねェ船じゃ出航に勢いがつかねェだろ」

ルフィ「“何とかライオン号”みてェな感じか?」
    「よーし 強そうな名前 おれ考えた 
     “クマ 白クマ ライオン号”

ウソップ「そんな変な名前の船あるかァ

ウソップのつっこみ ビシッ

ルフィ「じゃ “トラ 狼 ライオン号”」

ウソップ「その動物のら列をやめろ 何の呪いだ

またウソップのつっこみ ビシッ

ルフィ「“イカ タコ チンパンジー”」

ウソップ「ライオンいねェじゃねェかっ

またまたウソップのつっこみ ビシッ

フランキー「船の名前 おれからも候補があるぜ」

(フランキーの回想)

パウリー「この船首はいいな…」

ルル「いやーまったくだ」

タイルストン「いい “ひまわり” だ」

フランキー「違うわバカ共っ

アイスバーグ「ンマー お前らが間違うのはムリもない  
         だが 未来の海賊王の乗る船だ 
         そういう願いをかけたんだろ? フランキー」

フランキー「そうさ 猛獣だらけのこの海へ乗り出し
       その頂点を極めるにふさわしい…」

アイスバーグ「いい“太陽”だ」

フランキー「違うわバカ

アイスバーグ「過酷なる“千の海”を“太陽”の様に陽気に
         乗り越えていく船… あいつらにぴったりだ」

フランキー「違うっつってんだろバカバーグ

アイスバーグ「こういう船の名はどうだフランキー 海賊船…」

(フランキーの回想おわり)

フランキー「“サウザンドサニー号”」

ルフィ「おおっ

チョッパー「かっこいいなそれっ

ルフィ「おれが今考えてた
     “タンゴ・ゴリラ・ライオン号” よりいい

ウソップ「しりとりかっ

またまたまたウソップのつっこみ ビシッ

ゾロ「おれの頭をよぎった“ライオネル親方”より…いいな」

ロビン「私の“暗黒丸”より…」

サンジ「おれの“ムッシュひまわり”より…」

ウソップ「気は確かか おめーら

ロビン「千の海を越える船って… 素敵ね…“太陽(サニー)”も」

フランキー「待て お前ら今のは序の口だ 
       おれの考えたこの名前こそ本命 
       聞け この船の名は…
       ニューバトルフランキー
       “ライオンギャングチャンピオン号”」

みんな聞いてない。

ルフィ「アイスのおっさんのやつでいこう 気に入った

サンジ「“サウザンドサニー” かいい名前だ

ナミ「賛成

ゾロ「名前が決まると出航の気が引き締まるもんだな

チョッパー「よろしくな サニー

フランキー「ブー ブー」

サンジ「おいフランキー そこで何をブーブー言ってる 
      早く秘密兵器とやらで乗り切れよ

ゾロ「ああ急げ おめーの言う通り帆はたたんで
もう軍艦はすぐそこだ

フランキー「わかったよ うるせェ
        今の内にこの美しい “水の都” を見納めとけ 
        あっと言う間に島のかげも見えなくなるぞ

ルフィ「そうか …じゃ じいちゃ―――――――ん 
     それから…… コビーと…
     久しぶりに会えてよかった

ヘルメッポ「呼べよ おれの名を

ガープ「何じゃいルフィ まだ玉は残っとるぞ

ルフィ「ムダだ

ガープの投げた砲弾をルフィが手ではじく。

ガープ「ん

ルフィ「こっからおれ達 本気で逃げるからな
      またどっかで会おう

ガープ「カチーン おんのれ わしの子供の子供のくせに
      生意気な ルフィ~~

コビー(ルフィさんかっこいい)

ヘルメッポ「ガ… ガープ中将ちょっと冷静に

ルフィ「アイスのおっさ―ん 船の名前貰ったぞ
     いい名前ありがとう
     みんな色々ありがとう―――
     おれ達行くからよ―――っ

チムニー「何か言ってるみたい

ココロ「んががが 聞こえやしねェよォ……」

アイスバーグ「………海賊って奴らは 船出も静かにできん様だ」

コビー「に…逃げてルフィさ―――ん
      こ殺されちゃいますよォ

フランキー「さァいくぞ
       巨大空砲と宝樹アダムの強度によって
       実現した 脅威の緊急加速装置

ガープ「わしをナメとったら」

ガープが砲弾を持って振りかぶる。

ルフィ「フランキー急げ

ガープ「ケガするぞ――

ガープが砲弾を投げる。

サンジ・チョッパー・ウソップ「おわ――― 特大鉄球
                 死ぬ~

フランキー「“風来(クー・ド)” “バースト”

海兵「 船が… 飛んで逃げた

ガープの投げた砲弾が海へ落下。

ガープ「……やりおる」

サニー号が飛んでる。

麦わら一味「うおお――――――っ
      「……この感覚は… 憶えがある

フランキー「コーラ樽 3つも消費しちまうが1キロ飛べる
        お前らの乗ってきたG・メリー号にできて
        この船にできねェ事は何一つない
        全てにおいて上回る
        だが あの船の勇敢な魂は 
        このサウザンドサニー号が継いで行く
        破損したらおれが完璧に直してやる
        船や兵器の事は 何でもおれを頼れ
        今日からコイツが お前らの船だ

麦わら一味「おおォ―――っ

ガープ 「……こりゃまいった 逃げられたわい…」

青キジ「…ええ確かに …確認しました」

ガープ「ぶわっはっはっはっはっはっ…
      さすがはわしの孫じゃ

≪ウォーターセブン≫

カーシー「結局おれ達とは来なんだな」

オイモ「そりゃそうさ だがいつの日か みんな揃って
      エルバフへ来ると狙撃の王と約束した 
      気長に待つさ… 巨人の寿命は300年…」

ルル「いい仕事したな」

パウリー「そうだな……さァ職場へ戻るか

ココロ「駅へ帰るよ チムニー ゴンベ」

チムニー「……」 ルフィ達の行った方を眺めている

フランキー一家「さて アニキ…どうしてた?」
         「わかんないわいな」
         「おれ達アニキに
           言われた事やってただけだもんな――…」
         「ギャハハハハ 飢え死にだコリャ
         「 アイスバーグ

アイスバーグ「ンマー こんな事だろうと思った…」

フランキー一家「な…何だよ 何しにきやがっ…」

アイスバーグ「仕事ならおれが回してやる 
         毎日1人ガレーラの本社に顔を出せ」

フランキー一家「い… いいのかアイスバー…
         いや… アニキ
         「ニューアニキ
         「ニューアニキ

アイスバーグ「 ……やめろ」

§――――――
  ―――その頂に流れ出る 伏流の水 美しく
  鳴り響くのは 職人気質の槌の音
  町の活気にリズムを合わせ
  かんな木槌を打ち鳴らす 煙噴く鉄の列車に願いをのせて
  振り返らざる――その島の名は
   “ 水の都 ”「ウォーターセブン」
                    ―――――― §

≪偉大なる航路(グランドライン) ――とある島≫

海兵「スモーカー准将 ご苦労様です

スモーカー「今の海賊が5千万だと ……ぬるい… 
       軍の基準はどうなってんだ…………
       …………まったくハリのねェ日々だぜ」

たしぎ「スモーカーさん

海兵「たしぎ少尉

たしぎ「手配書をご覧になりましたか 麦わら達が…」

たしぎがメガネをせず話しかける。

スモーカー「誰に話しかけてんだ 」

たしぎ「えっ あ…ごっごめんなさい

スモーカー「メガネをかけろ バカ

たしぎがあわててメガネを。

スモーカー「海兵は海兵… 海軍が“組織”である以上 
       “大佐”で我を通すのには限界がある…」

たしぎ「……」

スモーカー「おれ達に今必要なのは ”地位”だ 
       エニエス・ロビーの一件で世界中の海賊達が
       “麦わらの一味” に一目置き始めている」

たしぎ「はい…」

スモーカー「このおれの誇りにかけて
        奴らを“新世界”で…叩き潰す


≪偉大なる航路(グランドライン) 砂の王国 アラバスタ≫

ペル「ニコ・ロビン………… なぜミス・オールサンデーが

チャカ「なぜルフィ君達の一味にいるのだ……

コブラ「確かに何か… 引っかかる不思議な女ではあったが」

イガラム「ビビ様のお耳に入れたら …さぞ悲しまれる事だろう」

ビビ「あ その話 知ってるけど… 何とも」

カルー「クエー」

イガラム「何とも あ…あなたが一番ショックなのではと

ビビ「…ふふふ
    ルフィさんの頭の中は近くにいたってわからないのよ
    考えるだけムダ
    …ただし彼らのやる事は全て…  信じられる
    彼は海賊王になる男よ 私達とはスケールが違うの」

カルー「クエッ」

イガラム「…… ウ~~ム 何と寛大 
       …大人になられましたな~ ビビ様…」

ビビ「ちょっと どうして泣くの?」

≪サニー号船上≫

ルフィ「ほんじゃあらためて……
     帰ってきたロビンとウソップ
     そして新しい仲間フランキーと
     海賊船“サウザンドサニー号”に

   「乾杯だァア 行くぞ次は “魚人島”

全員で乾杯。

§――――――
  風は追い風 一行は一路
  海底にあるという“楽園”を目指す
                 ―――――― §

-439話- おわり


【感想】

とうとうウォーターセブン編が完結(* ^ー゚)

新しい船の名前が決まりましたー
”サウザンドサニー号” カッコイイ
さすがアイスバーグさん。

しかし、ルフィ達の考えた名前には笑ってしまいましたね。
ゾロなんて”ライオネル親方”
”親方”ってなんでやねん( -Д-)ノ

久しぶりのビビちゃ~ん大人っぽーいv(≧∇≦)v
たしぎちゃんのメガネもいい

スモーカーが言っている”新世界”ってなんでしょうね
気になります。

さあ、次なる島へ


よろしければ応援クリックお願いします♪
↓↓↓
人気blogランキング


次回はこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tyobihige0702.blog72.fc2.com/tb.php/21-8364416a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。